2018-03-12

PHPerKaigi2018に行ってきた

PHPerKaigi2018に行ってきました。
PHP歴9ヶ月のエンジニアによる感想とメモ。
各トークについて

3/9

PHPでテスティングフレームワークを実装する前に知っておきたい勘所 
概要:テスティングフレームワークの機能の要件、PHP標準機能を使ったテスティングフレームワークの実装
感想:フレームワークについての説明で、フレームワークとライブラリで制御が反転するするというのが分かりやすかった。実装されていた機能→テストを失敗した時の処理、結果表示の方式、エラーハンドリング
キーワード:phpt, run-tests.php, Hamcrest

php と SAPI と ZendEngine3 と
概要:PHPの実行環境について
感想:普段意識しない部分だったので話についていけなかったが、メモリ管理(ZMM)の環境変数については調べてみようと思った。
キーワード:Server API(SAPI), Zend Thread Safety(ZTS), Zend Engine, PHPバイナリ

大統一PHP
概要:PHPとhttpdを統一しよう
感想:httpdはApacheだけではないのか。nginxって知らなかった。中国で開発されたswooleというツール群?(networking communication engineとサイトに書いてある)がすごいらしい。まったく理解が追いつかなかったが、スピーカーのuzullaさんのテンションが高かったのでトークの最後には熱い感動が湧いた。
キーワード:Slim framework, PSR-7, reactPHP aerys, swoole, HHVM

3/10

今からでも出来る!Webサービスモニタリング!! 
概要:Webサービスモニタリングについての汎用的な内容とPHPのモニタリングに特化した内容
感想:モニタリングをする目的から述べられているのが良かった。モニタリングの対象→サーバーサイド、アプリケーション、クライアントサイド、インターネット。PHPのモニタリングではプロセスとイベント、キャッシュを見る。質疑応答で、スピーカーの壮大さんが質問を繰り返してから答えるところがとても慣れていらっしゃるなあと思った。
キーワード:OPCache, APCu

SOLIDの原則って、どんなふうに使うの?
概要:SOLIDの原則(オブジェクト指向設計における5大原則の頭文字を並べたもの)のうちの開放・閉鎖原則(オープン・クローズドの原則)の実践
感想:バリエーションの追加があった時に、既存部分を修正せずコードの追加だけで機能を満たせるようにする。最初にバリエーションの軸をどのように捉えるかが重要。クラス設計という一つの体系化された世界への扉を開いてもらったトークだった。
キーワードアジャイルソフトウェア開発の奥義

15分でわかる!WBMPビューアー実装から始めるPHPバイナリ超初心者入門 / php_wbmp
概要:PHPでバイナリデータを扱う例をwbmp(ワイヤレス・ビットマップ)形式ファイルを使用して紹介。
感想:バイナリデータの中身自体を扱うこと考えたことがなかったので、PHPではstringとして扱えるというのが興味深かった。
キーワード:wbmp, bindec

サーバーが完膚なきまでに死んでもMySQLのデータを失わないための表技
概要:MySQLデータベースのバックアップとリストア手法
感想:リストアの順番とか、バックアップの種類(フルバックアップ、バイナリーログバックアップ)とかいろいろあるんだなあ。フルバックアップとバイナリーログバックアップでバックアップをとる頻度や何日分残しておくかなども異なる。自分が開発しているシステムのバックアップの体制がどうなってるのか聞いてみようと思った。
キーワード:GTID
 
Hackで作るマイクロフレームワーク
概要:PHPからHack(Facebookが開発した言語)への移行、Hackでフレームワークを作る
感想:Hackは静的型付言語で、PHPと互換性がある。HHVM上で動く。あまり理解が追いつかなかったが、Hack自体がどういうものかちょっと書いてみたい。
キーワードHack

BEAR.Sunday
概要:DI、AOP、RESTの3つのBEAR.Sundayフレームワークのコア技術を、同フレームワークでどのように適用しているか紹介。
感想:TrackBに移動していたので聴講できず。とても評判が良かったトークのようなので、運営様、動画の公開をお願いします。
キーワードBEAR.Sundayフレームワーク, DI, AOP, REST

PHPStanで始める継続的型検査
概要コードを動かさずに検査する静的解析について。静的解析ツールPHPStanの紹介
感想:コードを実行しないとうたいながらも、実は実行しているとのこと(ミサイルの発射システムを扱う時は注意!)。コードに書いてある型やPHPDocをもとに検査する。CIとの連携が可能。動的テストと組み合わせて使うとコードの信頼性が向上する。
キーワードPHPStan


LTについては後日追記

講演全体について
PHPだけでなく、派生した言語、ソフトウェア設計、実行環境、DBなどの知識も得られて視野が広がった。 

運営・その他について
・会場がとても綺麗。 
・イベント全体が暖かい雰囲気で、参加者のみなさんのマナーがとても良かった。
・講演がメインのTrackAと、スピーカーや参加者との交流をはかれるTrackBの2構成でシンプルだけど充実したイベントになっていた。
・1日目、2日目ともビールが提供され、アルコールが入ったことで会場がリラックスムードになってよかった。
・2日目はお弁当とコーヒー、お菓子まで提供された。暖かい飲物が常に提供されていて会場の外に買いに出る必要がなくてよかった。
・ネームホルダーに工夫がされていた。両面印刷なので裏返っても大丈夫。

自分の反省と今後
登壇者になって誰かに伝えるつもりで、まとまった知識を身に付けることを普段から意識したい。

最後に
スピーカーの皆様、運営の皆様、スタッフの皆様、楽しくて勉強になるイベントをありがとうございました。来年も楽しみにしています。

No comments:

Post a Comment